「好き」を手に入れる

 

あの頃、「欲しいけど、こんなの使えない」シングルマザーで 子育てと
日々の生活を支えて行くのがやっとだった。
自分が欲しいものは後回し。

でも心の奥底では知っている。

「好きなものがなんなのか」

あの頃でも買えたのかも知れない。

「もっと 自分を大事にしていいよ」と許可さえ出していれば。

前夫は「そんなもん何になるんだ!」と 否定していた。
自分は600万円もする車を買うに迷いはないのに。

私の万年筆一本 認めてはくれなかった。

でも知ってるんだ。

「何が好きで 何が嫌いなのか」

高級ラインのものではないけれど

「好き」を手に入れることができた。時間がかかった。

誰のせいでもない 手に入れてもいいと許可を出せなかった自分。

母として、サロンオーナーとして生きたあの頃の私に

この万円筆でサイン出来るときがきたよ。
お疲れさん。

桁違いなものも沢山あるけれどね。まずはこの一本から(*^_^*)

貴女の「好き」はなんですか?

嫌いなものをみると「好き」が見えてきます。

今すぐに手に入らないのは

手に入れてもいいよ!って自分に許可してないから。

貴女の「好き」を沢山手に入れてほしいです♪

生きるセンスを磨くセンスアップコンシェルジュ
桐生めぐみ

HP http://megumibeaute.jp

blog http://megumibeaute.jp/blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA