丁寧に生きよう


丁寧な食事

丁寧な会話

丁寧な接客


丁寧なしつらい


丁寧なあいさつ
そこにいるだけで美人にしてくれる空間でした。
美人塾で大切にしているのは、セッションの場と口にするもの。
乱雑なところにいると人は雑な生き方をしてしまう。

丁寧に品のよいところにいると自ずとそのようになっていく。
田舎の一般家庭に育った私は、大人になってから自ら学んできた。

美しいものや、場所、空間。

その中に身を置くことで、体で感じ覚えてきた。

産まれた環境や、育った環境は変えられないけれど、自分が望むものは大人になってから自ら学べばいい。

親のせいや、世間のせいにして大人になっても人のせいにして、自分の人生がこんなになったのは、みんなあの人のせいだ!あの会社のせいだ!政治が悪い!世の中が悪い!

30歳を超えた方がそのように言い放っている姿ほど醜いものはないなと感じます。

どんな境遇でも置かれた環境を見つめ受け入れ、それから新たに前進していけばいい。
みんなあんたのせいなのよ!!!

そう言っている貴女は、自分で何ができるのか知ろうとしてないだけ。

反対側から見て見ると、なんだ私ってちょっと。。。あら。。。
貴女の前の人は貴女の鏡です。よーーーーく見てみてください。

優しく微笑んでる人が前にいれば、貴女は微笑んでいるのでしょう。

鬼のような顔をした人が目の前にいれば、貴女が鬼のような顔をしているのでしょう。
自分を見つめること。受け入れること。
丁寧に見つめてみること。
そんな空間を作れる人になりたい。
そう思った美人塾での一コマでした。
美人の法則=丁寧に生きよう
生きるセンスを磨くセンスアップコンシェルジュ
桐生めぐみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA