母好み?子好み?

 

 

 

母好み?子好み?

貴女の好みをお子さまに押し付けていませんか。母親という権力をサラッと使って。

美人塾をやっていてこの事をよく感じます。
親側のお話も、娘さんのお話しも。

そして、私自身がこれに気づいた事件が娘が11歳の時。

生後10ヶ月ごろには歩き出し、トイレトレーニングもいい感じに終わって、普通のパンツをはいてお出かけできるように2歳の頃になってました。
小さくて可愛いお尻❤️さあ可愛いパンツをはかせたい!
それはそれは、毎日どこかでパンツを買うピンクにブルーにお花柄にシマシマに。ポップなパンツが毎日お花畑のように干してある幸せな日々。

しかし それから約10年後

娘の口から出てきた言葉は。。。

「ママ、ごめんね。私本当はね、シンプルなパンツが好きなの。白にお腹に小さなリボンだけみたいな清楚な感じのが好きなの。。」

え?え?え?
今までのキュートでポップなパンツを、毎日イヤイヤはいてたの???

そんなつまんないパンツがいいの???

わお。

ごめんね!ママこそごめんね!🙇‍♀️
私の好みを10年も押し付けていたのね?こんなこと、自分がされたらどんなに嫌か!
ごめんね、許してね。

今までのパンツを全部捨てて、リボンだけのシンプルなパンツを一緒に買いに行きました。

嫌だと思う事を、ちゃんと言葉にして伝えてくれてありがとう。
言ってくれなかったらママは気づかなかったよ。

そして、子どもでも発言してもいいという環境を作ろうとしてきたことが、叶った気がしたのもこの時。

母親が強すぎて、自分の意見が言えないなんて、そんな環境生きながら死んでるようなもの。

我が子に対してその環境だけは作るまいと子育てしてきたつもり。

パンツだから笑えるけれど

これ、お母さんの好みの男性とでなければ結婚できない

とか、

お母さんの好みの学校に行かなきゃいけない

お母さんの言う通りにしなきゃいけない

20代になってからも
お母さんの言う通り、お母さんが言うことが全て、お母さんが言う事を聞いていればいい。

そう思い込んでしまって、苦しんでいる美人さまも多く感じます。

やっと母親から脱出できる!と大泣きした女の子は、母親から引きずり戻された。

余計なことしないでくれる!私の言う通りにしとけばこの子は幸せなのよ!と、捨て台詞を吐き。

そんなこともあったな。
あのお嬢さん
お母さんが怖くてしょうがなくて、大泣きしていたのに。

20年もの間刷り込まれたものは、すぐにまたそこに戻ってしまう。

パンツが嫌だと言ったのは五年生。
脳が大人になっていく時期。
成長の証。
ちゃんと言ってくれてよかった。

大人になった今、好みがハッキリ違うことが明らかになってきます。

きっと、結婚したい!という男性は私好みではないですね。

当たり前のこと^ ^

幸せだと思うツボは人それぞれ♡

親と子でもね。

生きるセンス
子どもの意見もちゃんと聞きいれよう^ ^

今日も素敵な1日を♡

*画像はネットより拝借
私と2人の娘のようで^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA