親と子の変化

生きるセンスを磨くセンスアップコンシェルジュ

桐生めぐみです。

新人類世代と呼ばれた私達の時代の親は 子どもを支配する傾向にあったと思う。

親のソフト化が優しい子どもを作っていると。

非常に納得。

その新人類世代と呼ばれた私達世代を上司にもつと 今の世代の子どもたちにとっては 支配されることに苦しさを覚えてしまうと思う。

尾崎豊の卒業や15の夜が

しっくりくる世代の中にも

人が人として人を尊重するという考えを持った親たちもいたと思う。

いくら親子でも 人と人なのだ。

人権を持った1人の人として、親と子は向き合うべきだと 思うのです。

優しい子どもに育って欲しいと願う親は、どの時代でも変わらない親心だと思います。

http://president.jp/articles/-/23887?display=b

#子育て

#母と子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA