ママの身体

こんにちは

生きるセンスを磨くセンスアップコンシェルジュ 桐生めぐみです

本日は朝から電車で移動しています。

途中の駅で おそらく3歳くらいの女の子を抱っこしたママが乗って来ました。

すぐにママとお子さまの身体の大きさが 気になりました。

私もですが、あまり身体が大きくないママが3歳児を抱っこするというのは とても大変。

そして 大きなリュックを背負っている💦

さらには片手にもう一つバックを持ってる。

お子さまは

座らずに立ってて欲しいという

だから ママは大きなリュックと3歳児とバックを持ったまま 立って電車に揺られてる。

そのうちお子さまはウトウト。。

もう目が開かないほどグッスリ眠って。

子育て経験がある方は分かると思いますが、

子どもが眠ってしまうと 重い。。。

ズッシリ重くなりますよね。

その小さな身体のママはそのまま降りて行きました。

その後ろ姿に

ママがんばれ!偉いね!

こんなに重いのにしっかり抱いてがんばってる!!!

お疲れ様。ママにとても良いことが起こりますように♡

と、心の中で投げかけました。ちょっと1人でウルウルしてしまいました。

どんなに小さなママでも、非力なママでも、筋力がないママでも

我が子を落としてしまうことなくしっかり抱いている。

その姿の骨盤は、脚は、背中の筋肉の張りは、僧帽筋の張りや血行不良は。。。

気になって気になって仕方ありません。

ママの身体が少しでも 良い状態でいて欲しい。

子育てに身体の大きさは選べない。

愛する我が子を抱き抱えられる身体をキープできたらいいな。

鍛えるって そういうことだなって。

私も2人目の出産の時

ぎっくり腰になるし、

分娩台に右脚があげられずに。

産後も抱っこができないくらい腰に負担がかかってしまい、とても辛かった。

だからこそ、

プレママ、現ママにも 是非

身体を作ることをお勧めしたいのです!

年明けからの ピラティスの先生とのコラボには この想いが詰まっています。

筋肉と骨と皮膚

ぜーんぶ揃って年を重ねたい。

子育てママに年明け

1/17に

ママのセンスを磨く会

お話会とピラティスを開催します♡

気になる方はメッセージくださいませ^ ^

生きるセンスを磨くセンスアップコンシェルジュ

桐生めぐみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA