人はしてもらったことしかできません

おはようございます
生きるセンスを磨くセンスアップコンシェルジュ桐生めぐみです

さて今回は 「人はしてもらったことしか やってあげることができない!」について。

特に幼いお子様をお持ちの方は是非お読みいただきたいです。

皆さまの周りに「なんでこんなことすの?」「なんでここでお礼を言えないの?」とか
大人になってからのお付き合いの中で

自分の中では当たり前なんだけどなあ。「人からものをもらったり、何かしてもらったら『ありがとう』という」
たったこれだけのことができない人もいます。

社会人になっても「ありがとう」が言えない人もいます。 その方は周りから好かれる人ではなくなってしまいますよね

だんだんと 周りから人がいなくなっていく。人の悪口ばかり言う人や 批判ばかりする人 自慢話ばかりする人

そんな方周りいらっしゃらないませんか?その方は
・ありがとうを言われたことがない
・親がありがとうを言ってる姿を見たことがない
・人に何かをしてあげると損をすると思っている
・親が人の批判ばかりしている
・親が自慢話ばかりしている
etc…

「ありがとう」を言われたことがない人は「ありがとう」の言い方がわかりません
愛されたことがない人は 人を愛せません
傷んだ傷を誰かに癒してもらったことがない人は 人を癒すことができません

マナーもしかり。人は体感したことしかできないのです。

お母さん方気を付けてほしいです。
お子様は貴女が大好きです。お母さんがやってる通りにおしゃべりをし行動します。

貴女の周りになんでこんなことするんだろう??と 思う人は、「そのようにする仕方しか知らないのです」
多くは「三つ子の魂百まで」ですが 「つ」がつく歳まで 九つまでは特に 意識的に「こんな大人になってほしい」と思う行動や言動をお母さん自らが示してあげてほしいです。

びっくりする実話をひとつ。

まだ娘が5歳のころの話。ある日転園して間もない幼稚園から帰ってきて

 

「ねえママ モチイエってなに??」と聞いてきたのです。

 

 

どうしてそのことを聞くのか尋ねると

「○○ちゃんがね手洗い場で手を洗っている時にね『ねえNちゃん家は モチイエ?マンション?お父さんのヤクショクなに?ネンシュウは?』って 聞かれたんだけど 意味が分からなくって 答えられなかったんだ 明日また聞かれたらなんていえばいい?」と。

 

後で先生に伺うと「○○ちゃんのお母さまが…。ちょっと…。」ととても言いにくそうにされてました。
その子のお母さんと面識はなかったので直接言うこともありませんでしたが 「子ども達に平和と平等」を教えていく大人がどのように行動し 見せていくか とっても重要ですね。

会社組織でも同様。先輩後輩 上司と部下も どのように見せて聞かせていくかでその子の成長が変わります。

人はやってもらったことしかできません

皆さんの周りに「相手の持ち物 来ている服や お家柄など 外見だけで人を判断しマウンティングする大人」いませんか?

そんな大人が周りに沢山いたらどうでしょう。少し切ないですね。

どうぞ 優しい人に そして平和な人に 育つように 周りのみんなで 「その人」を育ててあげてほしいと思うのです。

「人」は「母性」の上に「父性」がのっかります。母性が土台で父性が建物みたいな感じです。 この「母性」の部分は幼いころのお母さんとの触れ合いの中でできあがります。出来上がっていない土台の上に 立派な建物を建てても 崩れ落ちます

少しの衝撃で倒れてしまいます。 大人に「つがつく歳」までにいかに土台を作れるか。

父性の部分は 社会に出て 出会う人様に育ててもらえます。が、母性の部分はできれば「お母さん」から感じで触れて納得して信頼して確信してほしいのです。

男性にも「母性」はありますから男性からでも女性からでも どんどん伝えてほしいのです。

もしどこかであら?っと思う人がいたならば 嫌になる前に「この人はしてもらったことないのかもしれないなあ」と 思ってみてね。 腹が立つことも少しは抑えられるかもしれないね。

 

してほしいことを どんどんしてあげよう!

******************************************************
生きるセンスを磨くセンスアップコンシェルジュ桐生めぐみ

★プロフィール ブログ★
http;//megumibeaute.jp

★LINE@お友達募集してます★
ご登録はこちらから!
http;//line.me/R/ti/p/%40mqi0251u

ID検索はこちらから
@mqi0251u

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA