嬉しいお手紙

皆さまおはようございます

生きるセンスを磨くセンスアップコンシェルジュ 桐生めぐみです

先日 高校3年の娘のお弁当最後の日でした

玄関で小さなお手紙を渡して

いってきまーす!と。

写真がその手紙です

慌てて書いたのか 雑な字ではありますが 読んで涙が溢れました

感謝を表現できる子であってくれてありがとう

中学高校と約6年間お弁当作りのお母さんをやってきました

福岡に住んでいた頃は 謎の朝勉があり 7時には家を出るというこれまた 早朝過ぎるお弁当作りになるわけで 横浜に来てからは8時に出るので まだマシだったかなぁ。

そうです。私はお弁当作りがとっても苦手。

なんでお給食がないんだろう(;_;)

なんでお弁当なのよー。。。と、嘆いていました。

正直に言うとね

お仕事が忙しい時に

高校と中学の2人の娘のお弁当を作ることが 苦痛でした(;_;)

でもね、ずっと苦痛なのってなんか 美人じゃないなぁと思うようになったんです

何か美人なお弁当母さんになる方法はないものかと。。

このままだと私

超おブスママになってしまう!!

出来事は二つありました

1つは上の子の時

シングルマザーだった頃のこと

お弁当を作り毎朝7時に送り出す生活が始まります!さあ楽しみながら頑張るぞ〜!と、張り切ってお弁当作りして数週間後のある日のこと

ママのお弁当めっちゃ不味い!なんであんなお弁当なの!!??

え?

そんな言われるほど不味い??

朝早く起きて作ったお弁当に彼女はケチをつけました

はい終了。

人が作ったものに対して 言い方も悪いし文句つけてきましたので

二度とママは貴女にお弁当は作りません!!

え?じゃー明日からどうするの?

自分で考えなさい

え?そんな!

ごめんなさい!ママ作って!

いえ、作りません。

断固として譲らず もう16歳ですよ自分のお弁当を自分で作るなんてできないことないですから。

今から東大目指して勉強するわけでもなく 部活に朝晩頑張る!ってわけでもない長女です

お弁当作る時間ができないわけがない

お母さんがお弁当作って当たり前🍙

これを払拭しなければと思いました

そして作ってくれた人に対しての暴言は絶対に許されないです!

他人様に同じことをするなんて絶対あってはならないと、意を決して作りませんでした

泣きながら彼女は言いました

お弁当の作り方を教えてください

よしきた!ご飯はねママが朝炊けるように準備するからね

オカズを自分でやるのよ まずは

食べたいものから選べばいいね

卵焼き?ソーセージ?ハンバーグ?どんなお弁当にしたいか、お昼に何を食べたいか

まずは簡単なものから

卵焼きを巻くのは苦戦してましたね ウインナーを焼いて 唐揚げを作って。。

とにかく嫌々でしたがやってました

片付けまでしていきなさい!と言いたいところでしたが グッと抑えて 自分でできることを応援しました📣

するとある週末に変化が

ママお弁当のオカズを買いに行くから1000円ちょうだい!

1000円でいいの??

うん!

週末に来週のお弁当のオカズを準備しておくことを学んだようです

そして彼女は話してくれました。

あのねAちゃんとスーパーにお買い物行くんだ

Aちゃんはね 小学生の時にお母さんを亡くして お父さんとお兄ちゃんと3人で頑張ってて ご飯の担当がAちゃんなんだって!だからねママみたいに上手にご飯作れるの!お弁当もいつも美味しそうに作ってきてるの!だからね 教えてもらうことにしたんだ!

そしたらね1週間に1000円って決めて 準備するんだって!!

なんかねお弁当作るの楽しくなってきた

私も上手になりたい!と。

食材に拘る私は1000円じゃーと言いたいところでしたが

自分達で工夫して予算内で収め 朝からお弁当作るミッションを達成したのです

そして、ご飯を作ってくれるお母さんがいるって 幸せなんだなって

Aちゃんは偉いよね!

でも私にはママがいない事なんて考えられない!

ママ酷いこと言ってごめんなさい

大切な事をわかってくれてありがとう

試験中や彼女が忙しい時には 私が作ったり 臨機応変に2人で力を合わせてお弁当作りできるようになりました

月日は流れ中学生になる妹にもお弁当作ってくれるほどのお姉さんに成長しました

お弁当作りを苦にしない方法の1つ

お母さんが全部しなければならない!を、やめること

お弁当しかり お母さんが全部やらなければならない!この呪縛から解放されることです

シングルマザーだった私は

お父さん役もお母さん役もやっていて

何が1番大切かって、娘達を世の中には出した時に困らないように育てることが親の役目であり

家の中の事は家族みんなでやること!洗濯、掃除、炊事など

お母さんが全部やろうとしてはいけないのです

フランスにホストファミリーに行ってる息子さんの話

家族みんなで家の中の事をするのは当たり前 自分の部屋は自分で片付け掃除する これが出来なければ日本に強制送還しますと。

世の中に出て 何にも出来ないと困るのは本人。

子育ての一環として お弁当をこの新学期からどう捉えるのか

お弁当をお母さんに任せるなら

お洗濯は私がやる!

掃除機は私の担当ね!と、家族一人一人が 役を持つといいですね

ある意味 この春がチャンスです!

そしてもう一つは

ずっとずっと忙しくて時間に余裕がなかった私

常に仕事が最優先

だって稼がなきゃ食べさせていけないんだもん。。。

そんな私にサヨウナラをしたくて

何故ならずっと本心では

家族を最優先したかったのです

仕事なんてそっちのけで 家族の為に色んなことしたかったのです

シングルマザーの10年は

そこが悔やむところでした

だから

手放しました

仕事と家庭のバランスを取り直そう

お弁当に向き合ってみよう

やれるかもしれない!

でもねここで大事なことは

完璧にやらないこと

朝起きれないかもしれないからその時は 学食にしてね

上手に作れないから、よそのママと比べるのはやめてね

美味しくなかった時は優しく言ってね

と、自分の中に 出来ないときは出来なくていいという

許可を出す

時にはサボったっていいの

無理はしないこと

お互いに♡

夕飯のおかずはお弁当に入れやすいものを作ったり

つくおきの本を買って

1週間分作ったりね

あら私 意外とやればできるじゃん!

だんだん楽しくなってきたー!と思ったら 倒れてしまったりね

その時は

娘2人でなんでもやってくれました

掃除も洗濯もお弁当も 学食使うときもあったり お弁当詰めてみたり工夫をして やってました

ベッドに寝たきりだった私は

あー大きくなったなぁ なんでもできるようになったなぁ

生きる力をつけたなぁ

もう私が死んでもこの子たちは自分の力で生きていけるなぁって

ウルウルしていたのでした

お母さんがいるのが当たり前ではないこと

なんでもお母さんがやるのが当たり前ではないこと

自分がやれる事はなんなのかを考えさせること

大人だって大変で泣きたいときもあること

一人で頑張りすぎないこと!

春からの新しい生活が

楽しい毎日になりますように✨✨

心から願います

美人なお母さんがいっぱいになりますように!

世の中のお母さん♡楽しんで生きましょう〜!

生きるセンスを磨くセンスアップコンシェルジュ 桐生めぐみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA