エッシャー展

地元長崎はハウステンボスの所蔵品から厳選された100点の作品が、そごう横浜店そごう美術館に展示されています。

仕事の合間を縫って、夫と待ち合わせして行ってまいりました^ ^

「視覚の魔術師エッシャー」

一枚の絵の中に閉じ込められた小宇宙。

目を凝らして、触れる寸前の距離で凝視する姿は皆さん同じで。細かい手作業と思えないものや、ありえない図形などなど、素晴らしかったです。

1つの事実に対して色んな見方や意見がある事にも繋がるなぁと、勝手に感じておりました。実はこの世に目に見えて見えているものや、起こっている出来事は「幻」だったりするのかも。登っても登っても頂上につかない階段。エッシャーの世界からのメッセージはとても深いものだと感じました。

そして、その感じ方も人それぞれです。

目の前に起きた出来事を、色んな角度から意見をいただく。10人いれば10人の感性と、もの言いと。どれが正解で間違いもない。

日々の出来事をどう捉えるか。

美しく生きるヒントが隠されていたエッシャー展でした^ ^

に、しても、不思議な世界だなぁ♡

日本で唯一、エッシャーコレクションを持っているのがハウステンボスなんですって^ ^


甥っ子が先日ハウステンボスに行っていたようで、とても楽しそうで、うちの娘たちが幼い頃には、車が来ない空間なので走り回っても安全、ママも楽しめる!ってことで、佐世保のママ友とはよく行ってました。

ちょっと懐かしくもあり、今度帰省するときは行ってみようかな^ ^

佐世保の街並みも素敵ですものね〜。蜂の家のシュークリーム食べたくなってきましたーー。九十九島を眺めるのもいいですよね〜♪

エッシャーと長崎の魅力に芸術の秋を堪能したのでした。

皆様

今日も素敵な1日を〜

生きるセンスを磨く

センスアップコンシェルジュ 桐生めぐみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA